【パワプロ2018/2019】栄冠ナイン 古田ループのやり方/手順を詳しく解説

スポンサーリンク

2019/4/30追記:
 本稿の手順がパワプロ2019でも利用可能である事を確認致しました。
 パワプロ2019では、打撃の改善がなされていますが、対戦相手も同様に打撃強力です。
 古田ループ/森ループ/その他年代の転生OBを、本稿を参考にご活用頂ければと思います。
————————————————————

古田ループとは

栄冠ナインは理不尽との闘い。
そんな理不尽の中和剤(ただし絶対ではない)として有名な小技。その名も「古田ループ」

これは金特「球界の頭脳」を唯一保持するOBである古田敦也さんを自分の高校に入学させ続け、
その恩恵でチーム勝率を上げる手段です。

球界の頭脳はキャッチャーAの上位特能で、以下の効果があります。

・投手のコントロール+20
・消費スタミナ-10

これが強いと言われる栄冠ナインにおいて、相対的に投手自身のコントロールも
非常に重要な要素である事がわかります。それでは早速手順に入っていきます。

 

1.ゲームスタート時

必ず古田を入学させる方法は以下の通り。

(1)モード選択画面から栄冠ナインを選択し、はじめから”を選択。

設定画面はそのまま”設定終了”でOKです。
※転生選手の登場は”あり”にしておいて下さい。

余談ですが、個人的に試合中の選手自動交代は”なし”にしています。
勝手に代打出されたり、ピッチャー交代されたり(それで大炎上してたり)ちょっと悲しいときがあるので…

(2)年代を1981年に設定し、下図の様に古田が1年生で一番上(注:赤枠部分)に出ている事を確認します。

一番上が古田でない場合、「モード選択画面」まで戻り、再度栄冠ナインをスタート、(1)からやり直します。

ちょっとややこしいですが、栄冠ナインのトップまで戻るだけでは乱数変更がなされませんので、パワプロ2018のモード選択画面まで戻ります。
そこから再度栄冠ナインに入ることで、乱数が変わりますので、古田が一番上に出てくるまでリトライして下さい。

初回プレイの場合、都道府県は兵庫(古田の出身)とする事でより確実(おそらく初回は必ず兵庫にする必要あり)です。
初回に他県スタートだと上記(2)で、古田が一番上でも入部してこない事が多いです。
2年目以降(ループに入った後)であれば、他県へ移動していてもOKです。

話がそれましたが、年代1981年で、一年生の一番上に古田が表示されている状態でそのままゲームスタート。
新入部員に古田がいることを確認します。

1年生時から即戦力キャッチャーとして、打線&投手力の向上が図れます。

今回はたまたまですが、古田と同学年に天才(確率1%と言われていますね)が入部してきました!(驚)


順調に進めば、2年後くらいには甲子園を狙えるかもしれませんね。

2. 1983年夏、古田引退。そして古田ループへ

1981年に入学した古田ですが、1983年夏の大会で引退してしまいます。

栄冠ナインでは、3年に一度年代変更が可能なので、1984年の入学式時に年代を1981年に戻し、再度古田を1年生として入部させます。
古田ループのやり方は以下の通り。

(1)栄冠ナインを入学式直前でセーブ&終了。

(2)モード選択画面から栄冠ナインを選択。

(3)”はじめから”を選択。


セーブデータが上書きされますが~の注意は無視して、”はい”を選択します。

初回同様に1981年を選択し、古田が1年生で一番上に来ている事を確認する。
一番上が古田でない場合、モード選択画面(※パワプロ2018のモード選択画面です)に戻り、
古田が一番上に来るまで繰り返す。

(4)古田が1年生&一番上の状態で、栄冠ナイン開始画面(以下)まで戻り”つづきから”を選択。
※このとき、モード選択画面まで戻ってしまうと、乱数変更で古田が出なくなる可能性がありますので注意

(5)入学式までマスを進めて、年代設定を1981年に変更する。(※3年毎に変更可能)
年代設定は、各種設定画面内の以下の項目から変更可能です。

次へ進み、新入部員に古田がいることを確認します。
2回目以降では、都道府県を兵庫以外に変更しても古田を入部させる事が可能です。
(100%かは謎ですが、私がやっている限り2回目以降であれば他県に移動していても来てくれています)

3.さいごに:古田引退後を考慮したチーム運営を

1984年の入学式で再入部させる事が可能ですが、1983年秋の地方大会~1984年春の甲子園までは古田抜きで戦う事になります。ココへの備えも夏の内からしっかりやっておきましょう。

1983年に転生OBとして桑田真澄投手が登場します。
桑田を入部させ(やり方は古田ループ2回目と同じ)育てておけば、
古田引退後も強力な投手力で1984年春の甲子園を目指せると思います。
1年くらい順調に育てれば、翌年の春の甲子園頃にはこのくらいの能力になっているので、
エースとして先発させてます。

2018から初期4球種持ちになった様で、個人的に若干育てづらいです..(変化球経験値の調整が大変)

2016では初期3球種だったので、総変9から球速コンスタに移行できたのですが。。
また、早いうちから下級生キャッチャーに、合宿/特訓などで「キャッチャーB」、可能なら「キャッチャーA」を取得させておきましょう。

いくら古田が優秀だからといって、後釜育成を忘れない様にしましょうね。

やり方は同じで、古田ループより有効だと思われる「森ループ」についても考察を書いてみましたのでご興味あれば。

【パワプロ2018/2019】古田ループより有能?森ループについて解説します

2018年11月24日

野手、投手育成については、以下の記事もありますので、ご参照頂ければと思います。

【パワプロ2018】栄冠ナイン 投手育成について詳しく解説します

2018年9月14日

【パワプロ2018】栄冠ナイン ポジション別野手育成法について詳しく解説します

2018年9月12日

 

最後に、どーーーしても勝てない!!という方向けに、オンストのやり方をご紹介しておきます。

【パワプロ2018/2019】オンストのやり方/手順を詳しく解説【保存版】

2018年10月30日

今回は以上です。

 

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥2,320 (2020/07/07 16:11:44時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA